ホーム
経営者のみなさまへ
調達・購買のみなさまへ
受注関係のみなさまへ
物流関係のみなさまへ
お問合せ
サイトマップ

カテゴリーメニュー

   
経営革新
調達改善
WebEDI
ASP
文書管理
債権債務管理
与信管理
企業間取引
受注改善
販売管理
SCM
トライアル
品質管理
物流改善

Pick UP 事例のご紹介

   
導入効果金額の算出例
単価未決定品・下請法対応
納期確認の活用事例
取引先のEDI協力促進策
取引先もWebEDI自動連携
請求書の差異を迅速確認
取引先企業業態調査活用
得意先も発行文書事前承認
合見積の常態化を実現
所要計画を緊密にシェア
大量受注を自動化
支給品供給納期を支給先へ迅速に回答する

ASP価格情報

   
WebEDIサービス概要
WebEDI ASPサービス価格
購買システム概要
購買WAO!ASPサービス価格
webアプリ操作自動化無料ツールのご紹介ページへ移動します。
よくあるご質問はこちら
製品サービスの資料ダウンロード、または郵送のお申し込みはこちらから
リンク先情報はこちら
無料トライアルはこちらからお申し込みできます。
  HOME >>調達・購買関係のみなさま>>WebEDI発注処理の電子承認で、発注決裁記録を確実に残す
WebEDI発注処理の電子承認で、発注決裁記録を確実に残す

WebEDI発注処理の電子承認で、発注決裁記録を確実に残す(調達改善 購買管理 企業間取引)

 


神奈川県に本社をおきながら各地の工場で設備機器を製造しているメーカーT社では、注文書などの伝票の仕分け・郵送といった負担作業の解消や手配業務のスピードアップのために資材発注のWebEDIシステムの導入を検討していました。

WebEDIシステム導入プロジェクトのリーダーとなったのは購買課のU係長でした。


WebEDIシステムの導入に際しては、U係長を始め購買業務に係わるメンバーの誰もが懸念している点がありました。

T社では、従来の手配ルールとして基幹システムから印刷された注文書を購買担当者が確認し、上長の承認決裁を経てからお取引先に送付していたのです。


WebEDIシステムになると基幹システムからすぐに注文情報がお取引先に到達してしまうので、この検印作業にあたる部分が行えなくなってしまうのではないかという心配が導入メンバーの中で生じていました。


「うちでも事務作業削減や書面の発行タイムラグの解消の為にWebEDIシステムの導入検討を前々からしているのだけど、ひとつ問題点があってね。」

こう言うのは購買課のU係長です。

  神奈川県に本社をおく設備機器製造メーカーT社では、注文書の仕分け・郵送作業の解消や手配業務のスピードアップのために資材発注のWebEDIシステムの導入を検討していました。(本写真はイメージです。)神奈川県に本社をおく設備機器製造メーカーT社では、
注文書の仕分け・郵送作業の解消や手配業務のスピードアップのために資材発注のWebEDIシステムの導入を検討していました。 (本写真はイメージです。)
 
 

「うちの購買部では、発注金額に応じて上長の検印を貰わないと注文書を発行郵送できないんですよ。なぜかというと、いろいろ生産工程上の問題があって、基幹システムから出てきた注文は一度担当者がチェックしないとそのままではお取引先に渡せないんです。今は紙で行っているから各購買担当者が振り分けて伝票を回していますが、WebEDIシステムを導入すると取引先にすぐにデータが行ってしまうからこの点どうなるかけっこう心配でしたね。」


購買課のU係長は続けます。


「基幹システム側で対応してもらおうと情報システムの方にも相談はしてはみたのですけど、改変にけっこうな工事が発生してしまうようで、なかなか思うような対応はできないようでした。」


「ISOなんかが入ってから、検印や記録なんかの管理もより厳しくなってきているから仕方がないとは思うけど、業務的には煩雑なんですけどね。」


とU係長は残念そうにお話します。


「なにかそのあたりの金額関係の振り分けにも対応しているワークフロー機能がある発注システムはないだろうかと必死で探しましたよ。」

と、ここでU係長の表情が少し明るくなりました。

T社の購買部では、WebEDIシステムの導入に際して、発注処理に電子承認機能を付け加えることにしました。ASPサービスのオプションにあったものです。

発注電子承認機能は購買担当者や責任者に対して、あらかじめ各々に決められいる決裁金額に応じて承認決裁行為が行える発注処理のワークフローシステムです。

 

 

 

「いろいろ生産工程上の問題があって、基幹システムから出てきた注文は一度担当者がチェックしないとそのままではお取引先に渡せないんです。」(購買課のU係長)(本写真はイメージです。)「いろいろ生産工程上の問題があって、基幹システムから出てきた注文は一度担当者がチェックしないとそのままではお取引先に渡せないんです。」(購買課のU係長)(本写真はイメージです。)

 
 

基幹システムと連動して運用されている生産資材系WebEDIASPサービスでは、主に見積回答の承認でオプション機能として利用されるケースが多いようです。


発注処理に電子承認機能を設けたことにより、基幹システムから発生した注文情報はそのままお取引先にダイレクトに到達はせず、発注案件はまず購買担当者の画面に表示され、所定の承認ルートを経てからお取引先に開示される運用となりました。


「紙で処理していたころに比べると、やっぱり手間がかからず、書面の到達もはやくなっていますね。承認ルートや決裁金額はシステムの方で管理してくれているので購買担当者は非常に楽になりました。それに、画面上に承認過程がしっかりと残るので、記録面や内部統制の観点から見てもよりよい状況に移行できましたよ。」

U係長は導入効果についてこのようにお話してくれました。

     
 

画面上に承認過程がしっかりと残るので、記録面や内部統制の観点から見てもよりよい状況に移行できました。(本写真はイメージです。)
画面上に承認過程がしっかりと残るので、
記録面や内部統制の観点から見てもよりよい状況に移行できました。
(本写真はイメージです。)

 
 
  ページトップへ  
 
  ASPインターネット発注システムWAO!90日間トライアルサービスの概要はこちらへ。無料のトライアルサービスでWebEDI導入効果を事前検証できます。このイメージをクリックするとASP無料トライアルの詳細紹介ページへ移動します。
 
 

WebEDI発注処理の電子承認で、発注決裁記録を確実に残す事例に関連する事例紹介

  動画m分ss秒 この表記のあるページにはストリームコンテンツがあります。Internet ExplorerとWindows Media Player9以上でご覧ください。閲覧環境について
 
  単価未決定品の発注業務を改善し、単価の確認遅れをなくし社内承認フローも電子化した事例はこちらへ  
  調達品目の中では仮単価での発注が多く、発注する加工作業の注文数も多いため、O社の資材購買部門では、仮単価
発注品の単価決定の遅れに悩まされていました。....動画1分29秒
 
  まだまだザル勘定?間接資材の購買管理を引き締めて会社の利益アップに貢献した事例はこちらへ  
  工場の設備や備品の発注は、生産資材関連の発注とは異なりシステム化が遅れていることが多く、購買管理なども行いづらいとよくお伺いすることがあります。...
 
  お取引先との変更・取消注文確認をEDIフローに取り込み管理効率を高める事例はこちらへ  
  電機機器メーカーK社では発注内容に変更が生じた場合、まずお取引先に対して変更の対応が可能かを確認した上で、
上長の承認を経て変更注文書を送っていました。...
 
WebEDI成功事例集を無料ダウンロード・このイメージをクリックするとWebEDI成功事例集の紹介ページへ移動します。
 
 
  ページトップへ  
  リンク 運営会社 サイトポリシー 個人情報保護ポリシー
Copyright(C)1999-2012 Fuji Future Planning Co,Ltd. All Rights Reserved.