ホーム
経営者のみなさまへ
調達・購買のみなさまへ
受注関係のみなさまへ
物流関係のみなさまへ
お問合せ
サイトマップ

カテゴリーメニュー

   
経営革新
調達改善
WebEDI
ASP
文書管理
債権債務管理
与信管理
企業間取引
受注改善
販売管理
SCM
トライアル
品質管理
物流改善

Pick UP 事例のご紹介

   
導入効果金額の算出例
単価未決定品・下請法対応
納期確認の活用事例
取引先のEDI協力促進策
取引先もWebEDI自動連携
請求書の差異を迅速確認
取引先企業業態調査活用
得意先も発行文書事前承認
合見積の常態化を実現
所要計画を緊密にシェア
大量受注を自動化
支給品供給納期を支給先へ迅速に回答する

ASP価格情報

   
WebEDIサービス概要
WebEDI ASPサービス価格
購買システム概要
購買WAO!ASPサービス価格
webアプリ操作自動化無料ツールのご紹介ページへ移動します。
よくあるご質問はこちら
製品サービスの資料ダウンロード、または郵送のお申し込みはこちらから
リンク先情報はこちら
無料トライアルはこちらからお申し込みできます。
  HOME >>調達・購買関係のみなさま>>自動FAXと携帯電話を組み合わせてインターネット未契約取引先に対応
インターネット環境の無いお取引先に対応するには自動FAXに携帯電話を組み合わせると
 

インターネット環境の無いお取引先に対応するには - 自動FAXに携帯電話を組み合わせる(調達改善 企業間取引)

 
「取引先企業にはパソコンを持っていないところもあるので、
インターネットでの発注はうちにはまだ早いかな。」

これは、インターネットを購買管理・調達にまだ導入していない企業にとってはかなり現実的な問題のようです。

また、お取引先の環境を考慮して自動FAXシステムを運用されている発注元企業も多いようです。

自動FAXシステムは受信できないお取引先はまずないと思いますので、たいへん導入しやすいものですが、
取引先は紙だけでの出力となりますので、
納期回答や見積回答もFAXで返信されてくると、購買管理部門の方でそれをシステムに再入力する手間が残ります。

  自動FAXに携帯電話を組み合わせると携帯電話向けのサービスから回答情報を入力してもらえます。
自動FAXに携帯電話を組み合わせると携帯電話向けのサービスから回答情報を入力してもらえます。
 
 

また、インターネットで対応できるお取引先があるにも関わらずFAXで注文してしまいますと、いろいろ電子化できる情報が紙だけの存在になってしまいます。

そこで、インターネット調達と自動FAXを両方使用して、FAX受信のお取引先には携帯電話向けのサービスから回答情報を入力してもらえると、自動FAX対象のお取引先からも電子的に回答を返してもらうことができます。

インターネット環境のある取引先企業
  注文書・納品書の発行、納期回答や単価回答等全ての操作をパソコンで行います。

インターネット環境のない取引先企業
  注文書・納品書等の帳票類は自動FAXサービスで送信し、取引先企業のFAXより出力します。
  注文受諾の請確認登録や納期回答・見積回答は携帯電話から登録します。 
              続きを読む

 
発注元 注文データ 単価確認データ 納期確認データ 単価回答データ 納期回答データ 非EDI EDI 取引先 注文請 単価回答 納期回答 出荷入力 注文書 納品書 プリンタ FAX 携帯電話 通知メール SaaSサーバ 自動更新PC 基幹システム 調達 資材 発注 受注 物流 購買 管理 改革 企業間取引 協業 web インターネット 企業間取引 ASP
   携帯電話を利用する事により受注情報や回答納期情報をデータ化することができます。インターネットとパソコンを利用している取引先企業の回答と同じように、システム上の画面で確認したり、データを基幹システムに取り込んだりすることが可能になります。
 
 

費用的な情報・携帯電話向け画面の詳細はこちらのpdfをダウンロードしてください。
   (PDF形式 444KB)

 
WebEDI成功事例集を無料ダウンロード・このイメージをクリックするとWebEDI成功事例集の紹介ページへ移動します。
 
 
 
 
  取引先企業にはパソコンを持っていないところもあるので、インターネットでの発注はうちにはまだ早いかな。

ウェッブ調達システムのご紹介の際に購買管理・調達部門の方より
このようなお話をよく伺います。
これは、インターネットを購買管理・調達にまだ導入していない企業にとっては
かなり現実的な問題のようです。


すべての取引先企業のパソコン導入を待ってからWebEDIの導入をしようとすると、
かなりの導入時期の繰り延べとなる可能性があります。
購買管理・調達業務の効率化はなかなか進みません。


今回ご紹介する「携帯電話及び自動FAXサービス」は、このようなケースでも取引先のインターネット環境が整っていなくても、整っている取引先と同じように対応できた成功事例です。

 


インターネット環境のある取引先企業は、WebEDIを使っていただき、
注文書・納品書の出力、納期回答や単価回答等全ての操作をパソコンで行います。
 
 

インターネット環境のない取引先企業は、注文書・納品書等の帳票類は
自動FAXサービスで送信し、取引先企業のFAXより出力します。


注文受諾の請確認登録や納期回答・見積回答は携帯電話向けの
画面サービスからログオンしていただき、登録します。


現在の携帯電話の普及率から見て、対応できない取引先企業はないと
思いますので、購買管理部門側としては紙と電子データを並存して
取り扱う手間がなくなります。

 

携帯電話を利用する事により
受注情報や回答納期情報がデータ化されるので、

携帯電話、活用していますか?注文受諾の請確認登録や納期回答・見積回答は携帯電話向けの画面サービスからログオンしていただき、登録します。
携帯電話、活用していますか?携帯電話向けの画面サービス
からログオンできます。
 

パソコンを利用している取引先企業と変わりなく、システム上の画面で確認したり、
出力データを基幹システムに取り込んだりすることが可能になりました。

 


今回のポイントは、
注文書などは自動FAXで送ってパソコンの無い取引先にも確実に送りながらも、
FAXで見積回答や納期回答をいただくと、電子化が中途半端となってしまいますので、
携帯電話を使って回答情報を電子化するというところにあります。

  ページトップへ
 
 
 
ASPインターネット発注システムWAO!90日間トライアルサービスの概要はこちらへ。無料のトライアルサービスでWebEDI導入効果を事前検証できます。このイメージをクリックするとASP無料トライアルの詳細紹介ページへ移動します。
 

 

自動FAXと携帯電話を組み合わせてインターネット未契約取引先に対応した事例に関連する事例紹介

  動画m分ss秒 この表記のあるページにはストリームコンテンツがあります。Internet ExplorerとWindows Media Player9以上でご覧ください。閲覧環境について
 
  お得意先から「インターネットで受注してくれない?」と言われたらどうしますか?  
  総務省のインターネットの調査資料を見ますと、1997年当時の利用者数は1,155万人ですが、2000年には約4倍の4,708万人、昨年には8,754万人と約8倍にまで...動画1分44秒
 
  顧客からの受注を取り纏め該当メーカへ再発注する業務を担当する部門責任者のみなさまはこちらへ  
  N社は原材料を専門に取り扱う商社です。得意先からは短納期の注文が多数入って...特に注文量の多いR社からは梱包材を生産するのに必要な材料の手配要請が緊急に近い納期で絶え間なく...動画1分36秒
 
  ページトップへ  
  リンク 運営会社 サイトポリシー 個人情報保護ポリシー
Copyright(C)1999-2012 Fuji Future Planning Co,Ltd. All Rights Reserved.