ホーム
経営者のみなさまへ
調達・購買のみなさまへ
受注関係のみなさまへ
物流関係のみなさまへ
お問合せ
サイトマップ

カテゴリーメニュー

   
経営革新
調達改善
WebEDI
ASP
文書管理
債権債務管理
与信管理
企業間取引
受注改善
販売管理
SCM
トライアル
品質管理
物流改善

Pick UP 事例のご紹介

   
導入効果金額の算出例
単価未決定品・下請法対応
納期確認の活用事例
取引先のEDI協力促進策
取引先もWebEDI自動連携
請求書の差異を迅速確認
取引先企業業態調査活用
得意先も発行文書事前承認
合見積の常態化を実現
所要計画を緊密にシェア
大量受注を自動化
支給品供給納期を支給先へ迅速に回答する

ASP価格情報

   
WebEDIサービス概要
WebEDI ASPサービス価格
購買システム概要
購買WAO!ASPサービス価格
webアプリ操作自動化無料ツールのご紹介ページへ移動します。
よくあるご質問はこちら
製品サービスの資料ダウンロード、または郵送のお申し込みはこちらから
リンク先情報はこちら
無料トライアルはこちらからお申し込みできます。
  HOME >>調達・購買関係のみなさま>>取引先からの請求差異を迅速に解決
取引先からの請求の差異をすばやく解決する方法

取引先からの請求額の差異を迅速に解決し公正に債権債務を確定(購買管理 買掛・債権債務管理 企業間取引)

 

「毎月月末になると取引先から請求書がいっぺんに送られてくるんだけど、それとうちの買掛金リストの突合せはかなり大変なんです。」

E社では、取引先から請求書が月末に郵送されてきます。買掛金リストと呼んでいる買掛金の金額一覧とこれらの請求書を購買管理部の担当が突き合わせをしていました。

突き合わせの結果、中には数量の違いや検収済みデータに無いものが請求されるなどで、E社と取引先とで双方の認識が異なるものも出てきます。


WebEDIに買掛確認機能を備えた請求書システムを取り入れることで、この作業を大きく改善しました。

  毎月月末になると取引先から請求書がいっぺんに送られてきます。それとうちの買掛金リストの突合せはかなり大変なんです。
毎月月末になると取引先から請求書がいっぺんに送られてきます。それとうちの買掛金リストの突合せはかなり大変なんです。
 

会計システムから買掛明細データをテキストファイルでWebシステムへ送信します。
(注文データと同様に自動更新パソコンへファイル転送するだけです。)

それを取引先担当者に確認してもらいます。
その確認手段として、3つの方法(画面表示・リスト発行・データ出力)を提供しました。
     続きを読む

 
発注元 取引先 買掛金 請求書 インターネット 債権債務 債権債務確定 SaaSサーバ プリンタ 調達 資材 発注 受注 物流 購買 管理 改革 企業間取引 協業 web EDI ASP
 
より詳しい資料はこちらのpdfをダウンロードしてください。
     (PDF形式 621KB)
画面スクリーンショット集はこちら
     (PDF形式 679KB)
 
 
WebEDI成功事例集を無料ダウンロード・このイメージをクリックするとWebEDI成功事例集の紹介ページへ移動します。
 
 
 
 
  「毎月月末になると取引先から請求書がいっぺんに送られてくるんだけど、それとうちの買掛金リストの突合せはかなり大変なんです。」

こう言うのはE社購買管理部の担当者のSさんです。

 

続けてSさんは言います。

「注文はEDIになって、目に見えて楽になっていたんですよね。ですから、この辺もなんとかならないかなって考えていました。」

 

 


E社では、取引先から請求書が月末に郵送されてきます。

 

買掛金リストと呼んでいる買掛金の金額一覧とこれらの請求書を
購買部の担当が突き合わせをしていました。

 

突き合わせの結果、
中には数量の違いや検収済みデータに無いものが請求されるなどで、
E社と取引先とで双方の認識が異なるものも出てきます。

 

 


特に月末近くになって納品されたものは、検収が間に合わなくなり、
計上の対象にならなくて、差異として出てきやすいのでした。

 

双方にとって支払いの内容の認識に差異の無いのがよいのですが、
調整が出てくることはいた仕方ないことと考えられていました。

  買掛金リストと呼んでいる買掛金の金額一覧とこれらの請求書を購買部の担当が突き合わせをしていました。
買掛金の金額一覧と送られてきた請求書を購買部の担当が突き合わせをしていました。

 

注文件数も多いため、買掛リストに記載されている件数もたいへん多くなります。

ですので購買管理部の行う突合せ作業はかなり大仕事です。

 

まずは、合計金額と案件件数の確認を行います。

 

それから、明細の確認となりますが、
明細の並び順が双方で同じとは限らない
のでチェックもたいへんやりにくいのです。

 

また、郵送されてくる請求書は取引先ごとにフォーマットが異なっていますので、
その点も突合せを扱いずらくしていました。

 

こうして、
すべての買掛金明細を紙の上ですべて通して確認しなければならないことは、
購買管理部門のスタッフにとって大きな負担となっていたのです。

 


そこで、取引先へ買掛リストを郵送して、
それを基に請求書を作成してもらう方法も考えられました。


しかし、それは新たに送付作業が発生したり、
取引先にも転記作業が発生したりするので一定期間の試行の後、
正式の運用としては定着しませんでした。

 

 

 

購買管理部のSさんはWebEDIの導入の効果の実感から、
これも紙だけでなにか確認をしようとすること自体、
仕事のレベルとして低いのではないかと感じていました。


Sさんは注文書などと同じように取引先に買掛リストをデータで送信し、取引先にも負担をかけずに請求書をいただく方法はきっとあるだろうと考え、購買管理部として次のような業務改善を行いました。

 

 

現在利用しているWebEDIASP
買掛確認機能を備えた請求書システムを取り入れる
ことにしました。

 

まず最初に自社の会計システム内にある買掛明細データを
取引先に送信します。
それを取引先担当者に確認してもらいます。

 


その確認手段として、画面表示・リスト発行・データ出力として
3つの方法を提供しました。

 

確認する量が多いため、データでの突合せができることはたいへん大きな威力を発揮します。

 

取引先での確認の結果、支払いの内容に異議が無ければ、
その旨の確認登録をシステムで行います。
確認登録は、ボタン1つをクリックすれば済むものです。

 

取引先からの回答後、
購買管理部でも買掛金に対する確認を行うと
買掛金データは請求データという位置づけに変更されます。

 

E社では請求書として、取引先では控えとして、双方で発行できるようになります。

 


認識に差異があった場合、取引先が相違している内容を登録できるようになっています。

 

認識の異なる明細にチェックをつけるか、不足している明細を登録してもらい、
そのデータをE社の方で取り込み、差異の妥当性を確認します。

 

取引先の誤認識の場合もありますので、
その場合は再度確認をシステムで依頼し再確認してもらいます。

 

この場合も、
お互いの確認がとれた後に請求書および請求書控えが発行できるようになります。

 

 


この業務改善により、請求書と買掛リストの突合せ作業から購買管理の担当者が解放され、請求書もE社の指定伝票になったので管理が非常にしやすくなりました。

 

取引先もデータで買掛情報がもらえるので、
自社の納品情報との突合せはそれ程手間が掛からずに行えています。

 

請求書が指定伝票になって、
転記などの必要も無くなったのでこの点でも取引先から好評のようです。

買掛金確認フロー図
  ページトップへ
 
 
 
ASPインターネット発注システムWAO!90日間トライアルサービスの概要はこちらへ。無料のトライアルサービスでWebEDI導入効果を事前検証できます。このイメージをクリックするとASP無料トライアルの詳細紹介ページへ移動します。
 

 

取引先からの請求額の差異を迅速に解決し公正に債権債務を確定した事例に関連する事例紹介

  取引先の業態調査をするりとデータベース化して有効活用する事例はこちらへ  
  みなさまの会社では、初めてお取引をされる企業とはどのような書類のやりとり...今後のお取引の約款を定めた「取引契約書」や相手先の企業業態を把握するための「企業調査表」や...
 
  ページトップへ  
  リンク 運営会社 サイトポリシー 個人情報保護ポリシー
Copyright(C)1999-2012 Fuji Future Planning Co,Ltd. All Rights Reserved.
買掛金確認フロー図